悲鳴が聞える!

 
 悲しい朝を迎えました。
 
 2・3日前から、街路樹の桜の剪定が始まりました。

 いつもは枝をいただけるので、とっても楽しみにしていました。

 ところが、今年は様子が違います。

 切っている枝が、太いのです。

 確かに老木となっていますので、

 これからの成長のためのお手入れ?

画像


 それにしても、隣近所を見回すと・・・・

 明らかに元気な枝が、次々切られてゆきます。

 自然に涙が 

画像


 黙っていられず作業中ですが、何故何故攻撃です。

 すると悲しい答え。

 住民から枝を切ってくれと、管理している市へ苦情が多数。

 中には皆切って、坊主にするよう言う家も。

 その為歩道に掛かっている、枝の伐採となったんだそうです。

 桜が泣いている。

 確かに街路樹には向かない桜です。

 なのに極悪環境の中で、必死に春に花を咲かせてくれます。

 此方に移り住んで7年、近所のおばあさんに

 「掃除が嫌いなら、此処に住む資格はないよ。」

 と、言われごもっともと納得して、掃除してきました。

 こんなにも人の心に余裕が、なくなって来ているのでしょうか?

 自然とのふれあいを拒んで、この先豊かさは何処に行くのでしょうか。

画像


 懇願して家の前の枝は、

 できるだけきらないようにしていただきました。

 これは見栄えが良くない、腐りかけの枝です。

 気持ちを汲んでもらい、我家は此処でストップ!

 どうか今年も

  綺麗に花を咲かせてくれますように。




 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2010年03月06日 23:41
桜の咲く時期になると、
切ってくれと言った人たちの気持ちも変わるんじゃないかしら。
切ったことを後悔させるくらいのきれいな花を
咲かせてくれることを願います。
2010年03月07日 20:52
 とういさん こんばんは
花が咲く時だけ大騒ぎをして、散り始めると邪険にする。こんな事でいいのか!切った枝は、戻らないのです。
花を見て、少しでも後悔して欲しいものです。
2010年03月08日 10:11
おはようございます。
とても残念な光景ですね。
桜は剪定すると病気になりやすいとか・・・。
その辺の手入れもしているのでしょうか?
2010年03月08日 21:53
 湖のほとりから…さん こんばんは
こんな風景を見る事になるとは、想像さえした事がありませんでした。
作業をされていた方達は、年配の知識がありそうな方の支持の元、切り口には薬のようなものを塗りながら進めていました。

この記事へのトラックバック